Home>気になる審査基準

気になる医療ローンの審査基準について

医療ローンを利用したいのならまず審査を受ける必要があります。

 

これは基本的にクリニックとの契約ではなく、提携しているカード会社との契約になります。

 

つまり、通常のクレジットカードのキャッシングと同じような審査基準だと考えてもらって構いません

 

ですので、年収が低いとか、パートや契約社員だとかはあまり関係ありません。まあクレジットカードが作れないような人だと多分、審査には落ちると思いますが。。

OL

もちろん、契約しようとしている医療ローンによっては、アルバイトやパートなどでは審査に落ちる可能性もあります。

 

その他の審査の内容としては、個人情報の確認と収入や勤め先、勤続年数など従来のカードローンやクレジットカードなどの申込と同じように審査されます。

 

また、未成年の場合は殆ど無理だと思った方がいいでしょう。

 

どうしても20歳未満で医療ローンを組みたいのであれば、学生さんなら学生ローンを使えば可能ですし、親御さんの同意を得られるのであれば借り入れできる金融業者もあります。

 

あと意外に重要なのが、申告する内容です。

 

もしデタラメである場合には規約違反で一括返済を求められる可能性があり、正確に書いておく必要があります。

 

特に医療ローンはショッピングローンであるため、信販会社が提供しています。信販会社は審査の際、信販会社間で共有している信用情報機関に照会して問題がないかを確認します。

 

この時に別の信販会社で作成したデータと現段階で申し込んだデータと異なる場合には、審査時マイナスに作用します。

 

特に多いのが住所が変わったにも関わらず変更届けを出していなかったり転職をしたのにも関わらず、変更届けを出さないといった場合です。

 

転職した時点で勤続年数も変わることになります。

 

勤続年数が短い場合にはクレジットカード作成時には不利と考え変更届を出さない人もいますが、虚偽の情報が発覚すると利用停止のリスクがあるため避ける必要があります。


また美容クリニックなどが提供する医療ローンではそれほど勤続年数は評価の対象とならないので、正直に変更手続きをしておくのが無難です。

 

いずれにせよ、同じ金額を借り入れするのであれば、クリニックで提供されている医療ローンの審査基準より各有名金融業者のカードローンの方が審査に合格する可能性は高いです。

 

本気でクリニックを利用して自分を変えたいと思うのであれば、各金融業者のカードローンを検討してみる価値はありそうです。

ココなら安心!の医療ローン対応の大手カードローン

Copyright © 医療用ローンガイド All rights reserved