Home>クレジットカード払いはダメ

医療ローンとクレジットカード、どちらがお得か

医療ローンを取り扱っている業者は、基本的に銀行や貸金業者である消費者金融や信販会社などになります。

 

一方で近年は、医療費の支払いにクレジットカードが利用できるクリニックも増えており、クレジットカードを利用して分割払いをすることも可能になっています。

 

医療ローンを利用する目的としては、高額な医療費を分割して支払うというもので、通常の治療のほか、美容整形や全身脱毛など医療機関での施術であれば、どこでも利用することが可能です。

 

銀行で利用できる医療ローンの場合にはその審査基準が厳しいものの、低い金利で借りられるので借りる側からすれば有利な商品といえます。

クレジットカード

 

ただし目的が美容整形や全身脱毛といった場合には医療とはみなされずに趣味目的のローンとされるため金利が高くなる場合もあります。

 

また、貸金業者などが提供している医療ローンは、借り入れする金額にもよりますが、銀行カードローンに比べると金利はやや高いものの、審査が早く、比較的スムーズに借り入れができます。

 

一方でクレジットカード払いは医療ローンとは異なり、面倒な手続きが不要で分割払いにすることができる便利さがありますが、上記の医療ローンとは異なり、ただのショッピングローンなので金利が高いデメリットがあります

 

クレジットカードでの支払いは、いわゆるショッピング枠で借り入れることになりますが、分割回数によってその手数料が定められており、業者によっては最大24回払いで15%程度の金利を支払う必要があります。

 

ただし殆どのクレジットカードは、2回までの支払いであれば手数料が無料で利用することができ、ボーナス払いであれば、複数回分割するよりも低い金利で利用することができます。

 

その利用した月から見て2回払いで返済が可能であれば、クレジットカードは金利負担が少ないメリットがありますが、1年以上掛けて返済するものであれば、銀行や貸金業者の医療ローンを利用した方が有利な場合があります。

 

あと間違っても、クレジットカード機能の一つである「リボ払い」は決して使わないでください。

 

リボ払いは借金地獄への入り口だということだけは覚えておきましょう。

ココなら安心!の医療ローン対応の大手カードローン

Copyright © 医療用ローンガイド All rights reserved