Home>豊胸手術

医療ローンを使うのはこんな時〜豊胸手術

豊胸手術は胸を豊かにするための医療行為で、美容クリニックで受けることができます。豊胸手術といってもいくつかの種類があり、それぞれ費用が異なってきます。

 

シリコンや生理食塩水などで出来た豊胸バッグを胸に挿入するものであれば、25万円から85万円ほど掛かります。

 

この方法は費用は高いものの、確実に胸のボリュームを上げることができる方法と知られています。

 

また年数が経ってもサイズが元に戻らないメリットがありますが、人工物を挿入するため仕上がりの良し悪しが医師の技量に左右されます。

 

一方で人工物ではなく身体の余分な脂肪を注入する方法もあります。

豊胸手術

 

この脂肪注入法の費用は70万円から150万円と極めて高額ですが、注入する脂肪細胞は濾過されたものが使われ、また仕上がりも自然で柔らかなものにすることができるメリットがあります。

 

自身の脂肪細胞を移動させるだけなので、後遺症や合併症が起こりにくいというメリットもあります。

 

近年では、手術をしない豊胸手術としてヒアルロン酸注入法があります。

 

これはヒアルロン酸をバストアップしたい部位に注入するもので、10ccあたり3万円から4万円で受けることができ、片胸で70ccから100ccほど注入すれば1カップ程度のバストアップが期待できます。

 

費用は注入する量に比例しますが、両胸を1カップほど大きくするには25万円から62万円が必要です。

 

なお、豊胸バッグ挿入法を除けば、脂肪注入法もヒアルロン酸注入法もいずれは身体に吸収され効果がなくなるデメリットがあります。

 

一方で、豊胸手術では最低でも25万円以上のお金が必要であり、実際に行うには大きな金銭的負担を強いられます。

 

一部では分割払いに対応した美容クリニックもありますが、やはり殆どの方はクリニック提携の医療ローンやカードローンを利用して分割で払っているようです。

 

またカードローンでも銀行が展開しているものと消費者金融系があり、消費者金融系は審査スピードが早く、審査基準も銀行カードローンよりは厳しくないようです。

ココなら安心!の医療ローン対応の大手カードローン

Copyright © 医療用ローンガイド All rights reserved