急な医療費って大なり小なり誰にでもありますよね。

自分で払える金額程度の小さな医療費なら別に全然問題ないのですが、急に入院や手術など、ある程度まとまった金額が必要になった場合でも医療ローンは活用されています。

特に、まだ保険に入っていない方にとって、医療用ローンは頼りになる存在といえるでしょう。

医療ローンは頼りになります

しかし、美容クリニックが提供している医療ローンの場合、内容にもよりますが、基本的に病気の入院費や手術等での利用ではなかなか審査には通りませんし、一般的な病院では、医療ローンとして提供しているのではなく、高額医療費の場合は、分割払いの相談という形になると思います。

そうなると、生命保険等に加入していない場合、いずれにせよ医療費が重くのしかかってくることになりますよね。。

結局は健康もお金次第といったところでしょうか。

世知辛い世の中です(T_T)

そうなると、急な医療費で今手持ちがない場合、消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシングサービスを利用される方も多くいらっしゃいます。

いくら病院が分割払いを承諾したとしても、最初に一定額は払わないといけませんし。。

じゃあお金がない場合どうすればいいのか。

そこで個人向けの無担保ローンでキャッシングするという選択です。

急な出費でも対応可能な消費者金融はもちろん、低金利でも借入も期待できる銀行カードローンでのキャッシングで、高額医療費の支払いのピンチを脱出してください。

今日明日にでも医療費が必要なら消費者金融の方が早い

急な入院や手術で高額医療費が発生してした場合、特に重宝されているのが消費者金融です。

消費者金融の場合

  1. 担保&保証人が不要!
  2. 申し込んだその日に借入も可能!
  3. 業者によっては30日間の無利息サービスも可能!

という、大きなメリットがありますので、急な医療費の支払いでも十分対応可能です。

銀行カードローンの場合、どうしても融資まで即日というわけにはいかないので、その分、タイムロスが発生します。

しかし消費者金融なら、土日祝日でも『ローン専用カードを受け取れば』借入が可能ですので、ココも嬉しいポイントですね。

最近では高齢者でも、消費者金融でキャッシングをして医療費を賄う方も増えてきています。

さらに近々返せる見込みがある方なら、30日間の無利息キャッシングを利用することで、実質タダで医療費をキャッシングすることも可能なのです!

>>即日融資も可能!はじめてのアコム

犬や猫などペットの医療費に利用されている方もいらっしゃいます

最近のペットブームの影響か、芸能人をはじめ一般人でも、ワンちゃんやネコちゃんを家族のように思って暮らしている方が増えています。

大切な家族の一員である犬や猫がもし重い病気にかかってしまったら・・・

想像しただけでも嫌ですが、もしもの時に自分に備えがなかったら、高額な医療費が現実にのしかかってきます。

いくらかわいいペットでも、手持ちがなければ救うことができないのは人間と一緒ということなんですよね。

じゃあ、ペットの医療費が高額でお金がない場合はどうすればいいのか。

結局これも人間と同じように、個人向けキャッシングで賄おうじゃないというのが当サイトとしての提案です。

動物病院でも、一部ペットローンを提供していたり、一般的な病院と同じように分割払いの相談にも応じてくれたりますので、まずはご自分のペットがかかられている動物病院に確認をするのが基本になります。

動物病院でも医療ローンが使えます

その上で、どうしても自分の手持ちではペットの医療費が払えない場合、消費者金融や銀行カードローンで賄うという形を取ればいいのではないでしょうか。

ただ動物病院が提供しているペットローンの場合、融資までに時間がかかったり、審査基準が厳しくて借りれないといったケースも出てきます。

医療費の支払いまで時間があったりするのなら、オリックス銀行などの銀行カードローンで融資を受けた方が、結果的に低い金利で借り入れできる可能性が高かったります。

また、スグにでも入院や手術といった緊急時の場合、ペットの医療費だろうと消費者金融での借入を推奨います。

消費者金融の大きなメリットは、原則、資金用途自由なところと融資までの早さです。

人間だろうがペットだろうが、医療費として借り入れすることは可能なので、緊急時には消費者金融での融資も検討してください。

愛するペットの入院費や手術代などの高額医療費が発生しても慌てず、まずは自分ができることから探していきましょう。

その上で、どうしても今の自分には払えないといった場合は、消費者金融や銀行カードローンなどでキャッシングするという選択肢もありますよ、と頭の片隅にでも覚えておいてください。

▼急な出費ならコチラ▼

保険に入っていなくて払えなかったら医療ローンしかない!?

急な医療費のために備えてある人は、がん保険や生命保険等に加入していることと思います。

ただ、保険の契約内容によっては自分に起きた高額な医療費でも適用されないといったケースも多々あります。。

その辺は難しいところですが、一方、生命保険等に加入していなくても一応、様々な医療費補助制度があります。

高額療養費制度
 
高額医療費貸付制度
 
医療費控除
 
労災補償
 
自立支援医療
 
一部負担金減免制度

主な医療費補助制度を挙げてみましたが、これらの制度が活用できる方はフル活用して、それでも払えない医療費は、個人向けキャッシングを医療ローンとして利用するのがいいでしょう。

医療費を支払う際、手持ちが足りないときの穴埋めとしても

金額が少ない医療費の場合、それほど負担なく支払えると思いますが、入院費や手術費などはどうしても高額になりがちです。

そういった場合は消費者金融や銀行カードローンで賄ったらどうですか、というのがこのサイトのご提案なのですが、何も「医療費全額借りよう」と言っているわけではありません。

もちろん、今全然お金がないという方は全額借りるしかないと思いますが、重要なのは借りた後、つまり返済のことを考えた上で融資を受けることです。

せっかく借りても、毎月の返済が苦しいとそれだけで体はもちろん、精神的にも負担がかかります。

ですので、できるだけ毎月の負担を減らすために、全額借りるのではなく、今ある手持ちから足りない部分を補う形で借入できれば理想ですね。

そうすれば頭金のような形になり、全額借入するより毎月の返済がラクになります。

また、アコムなどの消費者金融なら30日間無利息サービスを実施している業者もありますので、その期間内に返済することが可能なら、利息の心配を考える必要なく、実質金利ゼロ円で借りることも可能なので、覚えておきたいポイントですね。

医療費を滞納してしまうと・・・こんな目にあいます(汗)

高額な医療費を請求されて払えないから滞納してしまった・・・

このような話、残念ですが最近とても多く聞かれます。

最悪「踏み倒しちゃえばいい」なんていう、とんでもない考え方を持ってる人もいらっしゃいますが、絶対に止めてください!

当然のことですが、医療費は支払う義務がありますので必ず払ってください。

万が一、払わないままにしておくと、弁護士を通して催促状が届いたり、立派な犯罪ですので最悪

刑事告訴

される可能性もゼロではありません。。

ただ、病院側も鬼ではありません。

とにかく返済できない状況になってしまっても、ちゃんと連絡を取り合って、返済する意思をみせることで猶予をくれる医院もあります。

それでも返済を見逃してくれる病院はありませんので、先程ご紹介した医療費補助制度や個人向けのキャッシングサービスを利用したりして必ず返済をしてください。

少しずつでも返済を続けていけば、それだけでもアナタへの信頼度が高まりますし、病院側の印象もよくなります。

医療費が高いから返済できない・・と滞納したままだと、相手は弁護士や裁判などありとあらゆる方法で回収を図りますので、必ず返済する意図を示し、病院側とコミュニケーションをこまめに取るように心がけてください。

病院もボランティアで運営していわけではないことを、しっかりと認識しておきましょう(^^;

消費者金融なら誰にも知られず医療費としてキャッシングできる!

急な医療費の請求に戸惑ってしまい、思わず親戚など身内に相談してしまいがちですが、ちょっと待ってください。

お金の貸し借りは非常にデリケートな問題ですので、身内にこそ避けたほうがいいと個人的には考えます。

それに、もし親戚や知人にお金を借りようとしたら、当然、その病気のことや何やら色々と聞かれるのがオチですし、また話す義務もありますから何かと面倒です。

でも消費者金融や一部の銀行カードローンなら誰にも知られずに医療費としてキャッシングも可能!

特に消費者金融からの借入は、匿名性に優れているので、本当にスマホやパソコンから誰にも知られずにキャッシングをすることができます。

高額な医療費がかかるような状況は、正直言って誰にも知られたくない場合が多いと思います。

様々な医療費補助制度を利用するのも一つの方法ですが、返済できる能力があるのであれば、即日融資も可能な消費者金融での融資を検討するのも一つの方法です。


その他カードローン一覧